女性の薄毛にシステインは関係あるの?効果と口コミを徹底調査! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

女性の薄毛に!システインについて

システインは、髪の毛を作るのに大切な物質なので育毛には欠かすことのできない成分です。

システインが不足してしまうと細くて切れやすい髪、抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮、髪の毛を健康に保つためには大切な成分です。

女性の薄毛に!システインの主な効果とは?

システインは、毒性のあるアセトアルデヒドを分解してくれる働きがあります。

アルコール摂取などによってアセトアルデビドは作られ、体の中ではシステインがアセトアルデヒドの分解に使われてしまいます。

目が疲れてきたという時に回復させるためにもシステインは使われてしまいます。

スマフォ、テレビ、パソコンなど目を良く使う人はシステインを大量に消費している可能性があります。

髪は、体の中でも優先順位が低いので栄養が行き届かず、髪を作る必要なシステインも不足してしまう可能性があります。

薄毛、抜け毛にならないためにもシステインを不足しないようにすることが大切です。

システインは、髪の毛を太くし、皮膚や爪を健康に保つ効果があります。

メラニンの色素沈着を防ぐ効果もあると言われシミ、ソバカスになりにくい肌を作ってくれて美白サプリメントに使われることのある成分です。

女性の薄毛に!システインが摂取できる食べ物は何があるの?

赤唐辛子、ニンニク、玉ねぎ、ブロッコリー、芽キャベツなどに含まれていますが、食べ物から摂取できるシステインの量は凄く少ないと言われています。

食べ物から多くのシステインを摂取することはできないので体内でシステインを作り出す元のアミノ酸であるメチオニンを摂ることをオススメします。

メチオニンには、鶏肉、牛肉、いわし、あじ、サンマ、インゲンなどの豆類、ほうれん草、白菜、キャベツ、にんじん、牛乳、チーズなどに多く含まれています。

他にも、カシューナッツなどのナッツ類、昆布、ひじき、わかめなどの海藻類にも含まれています。

女性の薄毛に!システインはどれだけ摂取してもいいの?

体内でシステインを作ってくれるのがメチオニンです。

大量に摂取してしまうと動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

女性の薄毛に!システイン配合のサプリメントは何があるの?

Lシステイン500mg

Lシステインは、私たちの爪、肌、髪に多く存在しています。

肌に紫外線があたりダメージを与えられると少しずつ蓄積していきます。

肌の生まれ変わりが正常に行われるとダメージを受けても蓄積が残らず白い美しい肌を保つことができます。

生まれ変わりのサイクルが正常に行われないと肌トラブルを引き起こしたり、跡が残ったり、肌がくすんだりといった原因にもなってしまいます。

システインは、ビタミンCと助け合って紫外線のダメージを跳ね返してくれる効果があります。

透明感のある美を目指している人、お酒を良く飲み煙草を吸っている人などにオススメのサプリメントです。

副作用は今の所ありませんが、妊娠中、授乳中の女性は医師に相談し服用することをオススメします。

Lシステイン500mg愛用者の口コミ

「飲み始めて1年以上経ち、肌が弱い為、日焼け止めが塗れない私にとって内側からのケアがかかせません。

シミも飲み始める前より薄くなって、おしろいだけでも綺麗だと言われるようになりました。

価格もお手頃なので続けようと思います。」

「飲み始めてから爪の調子がとてもいいのです。

昔から爪が弱くて、専用のクリームを塗ったり、ケラチンを飲んだりいろいろなケアをしてきました。

でも、伸ばすと規定の位置になる前に割れたり、2重爪になったりささくれができてしまいます。

最近では爪が伸びてもすぐに割れることがなくなりました。

肌も顔、全身が白く透明感が出てきたように感じました。

お手頃で、きれいなパッケージで明るい気分にもなります。

これからも飲んで行きたいと思います。」

女性の薄毛に!システインの効果、口コミまとめ

システインは育毛に欠かすことのできない成分です。

不足してしまうと髪の毛が切れてしまったり、抜け毛が増えたりといった原因になってしまいます。

その他に、肌の生まれ変わりのサイクルを正常に整えてくれる働きがあるので白く美しい肌を保つことができます。

システインは、食べ物から大量に摂取することはできないので体内でシステインを作りだしてくれるメチオニンが含まれている食材を食べる事とサプリメント補ってあげることをオススメします。



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ