静電気が乾燥肌と肌荒れの原因に? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!白人女性 顔パーツ口元16

静電気が乾燥肌と肌荒れの原因に? : 1.顔にも攻撃!厄介な潤いを奪う乾燥シーズンの静電気

静電気といえば発生が大きくなるとされているのは湿度65%以下になる乾燥の目立つ冬場の季節。

この静電気にとって好環境となる、乾燥が目立つ冬場は実は、バチバチと体に痛みを走らせる他にも肌へのダメージも非常に大きいのです。

冷え込んでいる時期などに着られることが多いフリースやナイロン、アクリルなどの素材の保湿性の高い素材の衣類を着衣することで静電気は起こりやすくなり、電気を通さないことから衣服と人体との摩擦が生じてしまい帯電状態になってしまいます。

その結果、金属に触れることで静電気が生じてしまい痛みが起こるようになっているのです。

この静電気ですが起こることで肌の外側にある角質が傷ついてしまいます。

そのためアクリルなどの素材から作られているマフラーを着用して顔に静電気を少量でも浴びてしまった時には、実は肌が傷ついてしまっていることになるのです。

また静電気が起こることで吸い寄せられたホコリや雑菌が顔に付着しやすくなり、にきびなどの肌荒れが起こりやすい状態となります。

そしてこれらの雑菌は顔の潤いも奪い、乾燥肌を招く大きな原因にも繋がるため非常に厄介なものとなっているのです。

静電気が乾燥肌と肌荒れの原因に? : 2.乾燥を防ぎながら静電気を除去する方法

まず静電気を生活の中から取り除きたいと考える場合は、静電気が起こりやすい化学繊維ではなく天然素材の衣類を身にまとうようにしましょう。

またこのようなことが難しい場合は、乾燥を防ぐことも兼ねて常に保湿をすること、またビタミンCを積極的に摂取して体内でコラーゲンの生成を助けて静電気の起こりにくい体を作り上げましょう。

こうすることで潤いを作りながら静電気の少ない肌をつくることが可能となるのです。

冬場の知られざる大敵となっている静電気を除去するためにも、できるだけいろいろな行動を実行してみましょう。

そして肌に十分な潤いを与えて美しく綺麗な状態を保つことができるように心がけることも欠かすことができないものです。

乾燥に勝てる正しい加湿器の使い方

にきび肌や乾燥肌を改善するどくだみ風呂の秘密



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ