肌のうるおいを再生できる乾燥肌の治療方法 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!腕をクロスさせたスリムな外国人女性 [モデル:ディアナ]

肌のうるおいを再生できる乾燥肌の治療方法 : 1.誰もが必要なのが肌のうるおい再生

乾燥していることで肌全体がカサカサとしてしまい、潤いを求めて多くの方々が日々の生活の中で肌のうるおいを再生することができる保湿ケアを行おうと考えていることに違いないでしょう。

”保湿を制するものは、美肌を制する”この言葉の通り、美肌を作りたいと考えた場合は、保湿ケアを行う必要があります。

そこで誰もが保湿ケアを行う際に使用したいと考えたことがある、もしくは実際に使用した経験がある保湿剤の種類や効果効能、どのような特徴のあるタイプなのかを詳しく紹介していきたいと思います。

使い心地はもちろん実際に使用する前に本当に自分が求めているものなのかを確かめるためにも一度確認をしてみましょう。

肌のうるおいを再生できる乾燥肌の治療方法 : 2.よく使われる肌のうるおいを再生する保湿剤の種類と特徴

市販されているもしくは病院などでよく処方されることが多い代表的な保湿剤の種類と特徴を紹介したいと思います。

まず一番有名で気軽に手に入れることができる成分の代表”ワセリン”

ワセリンは皮膚の表面に油脂性の膜を作ることができるため水分の蒸発を防ぐ効果や刺激を最小限に抑えながら保湿効果を高める効果が期待できます。

使用感が少々べたつくため苦手な方には少し辛い可能性があります。

次に有名なのが”セラミド”です。

セラミドは角質の水分保持をするためには欠かすことができない細胞間脂質物質の一種であるため、保湿効果が高く皮膚に柔軟性を与える効果が期待できます。

そして”尿素剤”

この尿素剤は体内の水分を角質層にとりこむことができるため、角質の固くなってしまった部位を取り去ることができ配合量が高いものであれば保湿効果も高いものとなっています。

しかし刺激が強いためアレルギー体質の方は使用できないのがデメリットとなっています。

このように肌のうるおいを再生することができるものは、これらの代表を覗いても多く存在しています。

自分との相性が良いものを早い段階で見つけて保湿ケアを行うことをおすすめします。

静電気が乾燥肌と肌荒れの原因に?

肌トラブル体験談「産後に肌質が変わって乾燥肌になった時の対処法」



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ