角質培養って何?肌の悩み「ビニール肌」の対策 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

角質培養って何?

kakushitsu-baiyou_01

一見つるつると皺が無い、美しい肌。

見た目にも手触りにも満足していたのに、それが実はトラブルの温床だったらどうしますか。

脅しではなく、最近そういう肌に悩まされている女性が急増しています。

通称「ビニール肌」と呼ばれるこの現象。

角質層の削り過ぎが原因で起こります。

もちろん余分な角質は落とさなければ、新しい肌が生まれる邪魔になります。

しかしピーリングなどで頻繁に取り過ぎると、生まれたばかりの傷つきやすい肌がずっと外気にさらされている状態になってしまうのです。

 

新しい肌は柔らかくつるつるとしていますが、紫外線や乾燥にはとても敏感。

そして、美容液などのケアも刺激になることがあります。

肌本来の強さを取り戻すためのいわば荒療治、それが角質培養です。

健康な肌を取り戻す為には辛抱が大事

ビニール肌は、新しい肌へ生まれ変わるターンオーバーが異常に早まっている状態にあります。

これを通常に戻すには、角質をしっかり作るしかありません。

ピーリングや、すっきりと熱いお湯で洗いあげる洗顔が好きな方が陥りがちなビニール肌ですから、培養するためにはその逆のケアが必要です。

つまり、角質への刺激をことごとく避けたケア。

ピーリングスクラブは一時お休み、顔もぬるま湯で優しく洗うことが基本になります。

メイクなども、オイルクレンジングなど洗浄力の強い落とし方ではなく、ミルククレンジングなどをおすすめします。

kakushitsu-baiyou_02

当然、最初は毛穴詰まりなどが気になるかと思います。

ざらつきも気になるでしょう。しかし我慢が必要です。

 

正常なターンオーバーは、およそ28日周期と言われていますから、一ヶ月は様子を見ましょう。

しばらくすると、ざらついた肌の下から健康的な丈夫さまで育った新しい肌が現れるようです。

二ヶ月経ってもざらついたままという方は、長めにお風呂に浸かって皮膚を柔らかくした後に、洗顔ブラシなどでそっと肌を撫でてみるなどしてみましょう。

以後は、ピーリングなどをし過ぎないよう気をつけてスキンケアを行いましょう。

kakushitsu-baiyou_03

そして、角質培養は完全なケアレスではありません。

洗顔後の保湿はしっかりするようにして下さいね。

抜け毛の意外な原因

シルキークイーンは効かないって本当?一番安く買う方法を発見!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ