綺麗に見える混合肌のメイクテクニック | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!チークブラシを持って微笑む女性 [モデル:クリスティーナ]

綺麗に見える混合肌のメイクテクニック : 1.綺麗に見える混合肌のメイクポイント

Tゾーンは脂浮きしてしまい、頬やUゾーンは乾燥、そして普通肌である部位は各部位に合わせてメイクをすることで少し仕上がりが悪くなってしまう。

このように部位毎に相性の良いコスメなどを使用し、メイクを施さなくては綺麗な仕上がりを作ることができないのが混合肌の悩み。

またメイク完了後も崩れやお直しの際が心配になるのも混合肌の悩みであります。

そして混合肌だからこそ目立ってしまうニキビや毛穴などを隠すために油分が多く含まれていることが多いコンシーラーを使ってしまうことでさらにメイクが難しくなるということもよくあることでしょう。

このような悩みを改善してうまく綺麗に見えるメイクをするためにも今回は混合肌の方向けのメイク方法を紹介したいと思います。

綺麗に見える混合肌のメイクテクニック : 2.綺麗に見える混合肌のメイクプロセス

まず混合肌の方のメイクで一番大切なのがベースメイクです。

ベースメイクを開始する前はたっぷりと化粧水、乳液、美容液を塗り顔全体が潤っている状態を作りましょう。

その後にベースメイクを施す際は、乾燥気味な部位にはたっぷりと下地を塗り、オイリーな部位や普通肌の部位には薄めにベースを塗りましょう。

そして次にファンデーションを塗りますが、ファンデーションはできる限り混合肌向けの物もしくはオイリー部分には脂性肌用、乾燥が目立つ部位には乾燥肌用を分けて使いましょう。

使い分けをうまくするためにもリキッドタイプのものを筆で伸ばしながら使うことが一番良いでしょう。

ファンデーションを塗り終えたら最後にフェイスパウダーを顔全体の皮脂取りができるように優しく活用していきましょう。

ニキビが目立つ部位やニキビ跡のある箇所には塗りすぎないように気をつけてフェイスパウダーを施すことがポイントとなります。

以上でメイクテクニックは完了となります。

お直しの際などは丁寧に細かくメイクを施すことでメイク仕立てと同じような綺麗な仕上がりにすることも可能となります。

混合肌の方でも綺麗に見えるメイクプロセスをマスターし、綺麗に見える肌を本当に綺麗な肌にしてみましょう。

正しい混合肌のスキンケア方法で簡単肌荒れ改善

混合肌の主な原因である外的要因をシンプルに改善する方法

 



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ