オイリー肌治療で使われる漢方の働き | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!肩に手を当てポージングする外国人モデル [モデル:クセニヤ]

オイリー肌治療で使われる漢方の働き : 1.漢方でケアが可能なオイリー肌

オイリー肌を改善するために行うことが可能となるケアの方法は非常に幅広くあるといえます。

その中でも漢方薬を使用するケアも近年注目を集めています。

漢方薬は皮膚科などで処方されているものもありますが、市販されているタイプのものもあるため、気軽に手に入れることができるようになり年々身近な存在になっているケア方法の一環ともなっています。

オイリー肌を改善するために漢方を使用する場合、漢方の種類によっては皮脂の分泌量を抑えることやホルモンバランスを整えることが可能となるため、漢方を長期的に使用を続けることで体の中からオイリー肌を改善するための行動を起こすことが可能となります。

また漢方薬には血行を改善する作用があるものもあるため、乾燥が原因となりオイリー肌になっている方にとっては非常に効果的な役割を果たしてくれることでしょう。

ストレスや睡眠不足など現代人であれば誰もが起こりゆる、生活習慣トラブルが結果として肌へ大きく負担となることもあります。

そのようなトラブルが目立ち、生活を送る中で酷い疲労感を感じている場合などは、漢方薬を飲むことで多少の疲れやストレスなどは解消できるでしょう。

オイリー肌治療で使われる漢方の働き : 2.オイリー肌に有効な漢方薬の種類

オイリー肌に良いとされている漢方薬の種類を紹介したいと思います。

まず全ての世代が使用することができる代表的な漢方薬として半夏瀉心湯があります。

半夏瀉心湯はニキビが原因で体調不良を起こしてしまう場合に病院から処方されることが多い漢方薬となっているため、気軽に手に入れることは難しいくなっています。

しかしニキビの熱を取る作用が半夏瀉心湯にはあるため、毛穴の引き締めやベタベタ感の改善に非常に適した漢方薬とされています。

そして10代から20代の思春期から成長期の時期のオイリー肌に最も効果的とされているのが黄連解毒湯です。

黄連解毒湯は、体内にこもってしまう熱を取り出す作用があるため、若い頃特有の体調不良や気だるさなどを改善する効果も期待できます。

このように漢方薬は色々な種類があるため、一概にオイリー肌といってもどのようなタイプのオイリー肌に適している漢方薬が良いのかなどを選択することが難しいものとなっています。

肝臓が弱るとオイリー肌になるは本当?

乾燥肌は美白にならない!?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ