べたつきは実は大切な保湿のポイント | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!両手を頬にスキンケアを強調する女性(エステ・美容) [モデル:クリスティーナ]

べたつきは実は大切な保湿のポイント : 1.皮脂のべたつきは悪いばかりではない?

汗や皮脂といえば悪いイメージが大きいものかと思います。

しかし皮脂腺から分泌される油分は天然の保湿用クリームといっても違いがない程に良質なものなのです。

皮脂は天然の油分であるため、肌の表面を皮脂が覆うことで肌の中に配合されている水分の蒸発を防ぐことはもちろん生活の中で自然と生まれてしまう摩擦からの抵抗を減らし肌全体をなめらかにすることが可能といわれています。

人間は布団、タオルなどの生活をしている中で自然と肌が摩擦で痛み傷つくことがあります。

この痛みや傷つきを抑えることができるのが皮脂なのです。

皮脂に含まれている脂肪酸は弱酸性であるため、殺菌の繁殖を抑える効果も期待できるとされています。

では、この皮脂の量が多いことが良いのでしょうか?

これについての答えは、”多くも少なくもよくない”というものです。

皮脂量が多い肌はオイリー肌となりべたつきの目立つ、良い状態の肌とはいえないものとなります。

また肌が刺激を受けやすくなり物質的に変化を起こしやすいとされています。

また毛穴の開きやニキビなどが目立ってしまうことも皮脂が多い肌質の特徴となっています。

汚い肌を作ってしまう原因は、この皮脂にもありますが皮脂は潤いのあるキメ細かい肌を作るためにも皮脂は必須となります。

皮脂と上手に付き合うことを意識して生活を送っていきましょう。

べたつきは実は大切な保湿のポイント : 2.適度なべたつきを抑えた保湿に適した肌を作るには?

べたつきが多い肌質を改善するためには、保湿が必須となります。

保湿を重ねて肌に潤いを与えることは、皮脂が過剰に分泌されオイリー肌になることも水分が肌から失われ乾燥肌になることも避けることが可能となります。

肌に潤いを与えることを意識して常に保湿を行うことを心がけて生活を送っていきましょう。

また水分をキープするために食事の中でもたんぱく質、アミノ酸、乳酸などを適度に摂取するように心がけましょう。

保湿を行うことはケア以外にも食事改善なども必要となります。

毎日保湿を心がけた生活を送ることができるようにしていきましょう。

朝の洗顔は水だけで保湿が可能

にきび予防は保湿が大切なポイント



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ