毛穴の役割 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!微笑む女性(美容) [モデル:クリスティーナ]

毛穴の役割 : 1.毛穴の本来の役割とは?

誰もが一度は悩んだ経験のある毛穴トラブル。

毛穴は開いてしまうことで酷くデコボコとしてしまうことや汚れが蓄積してしまい黒ずみを起こしてしまう可能性があります。

この毛穴ですが実は、本来は毛穴としての役割を果たすためにこのような誰もが嫌うトラブルが起きてしまうのです。

まず皮膚の表面には隆起を皮丘と呼ばれるものが存在しており、この皮丘の境目にあたる溝の部分に皮溝と呼ばれるものが存在しています。

理想の美しく毛穴のトラブルがない、つるつるとしたキメの細かい美肌を作りたいと考える場合、この皮丘と呼ばれる部位の規則正しい並びや皮溝を一定に美しく並ばせる必要があります。

キメが細かい肌というものは、これらの2つの部位が綺麗に整列され、整っている状態を指します。

そのため美肌を手に入れたいと考える場合は、皮丘の大きさや形を整えるためにも毎日保湿を重ねてケアを行う必要があります。

これらの部位は崩れた状態であると、毛穴が開いてしまったり、汚れていなかった場合でも光の反射も均一でないため、くすみやすく見えてしまったり、肌全体がパッとした印象でなくなることがあります。

人間の肌には、汗がでるための汗孔や皮脂の出口となる毛穴が存在します。

これらは毛穴から分泌される皮脂が汗や老廃物と共に皮脂膜を作りだし、水分を逃がさないように肌を覆うことができるようになる働きを持っています。

そのため体温を下げて汗を出すことで毛穴は縮まり血管を収縮させることができるのです。

またこのようなことで体温を下げることも可能になるので、顔や体に火照りを感じさせることができないようになっているのです。

このように毛穴には意外にも体のバランスを整えるための働きが存在しているのです。

毛穴の役割 : 2.毛穴がないと人間の体は壊れる

「毛穴なんてなければ良かったのに」と考えることも多いでしょう。

しかし毛穴のない人間は体温調整が難しくなり、体全体のバランスが崩れやすくなってしまいます。

そのため毛穴のにあ人間は体調が崩れてしまうのです。

毛穴は汚く見えがちなものですが、しかしなければ人間の体を保つことができません。

毛穴詰まりやオイリー肌の洗顔は重曹がおすすめ!やり方を伝授します

毛穴や敏感肌の悩みに新勢力!ジェルファンデの3つの魅力



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ