敏感肌は肌が汚いから起こるは嘘! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!sengan_girl

敏感肌は肌が汚いから起こるは嘘! : 1.敏感肌は肌が汚い人がなる病気?

肌が汚い、その結果敏感肌になると思われていることが多いです。

しかしこれは、間違えた知識となります。

敏感肌が引き起こる原因は、主に肌のバリア機能が崩壊することで肌が過剰に反応してしまうことから引き起こるとされています。

そのためニキビや毛穴の黒ずみなどの肌荒れをしている状態が原因で敏感肌になるということは、絶対とは言い切ることができませんが実際にはあまりないのです。

逆に敏感肌であることに気がつかずに自分と相性の悪い化粧品やスキンケアアイテムなどを使用して、ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌荒れが目立ってしまっている可能性があります。

万が一、化粧品やスキンケアアイテムを変えた数日後にニキビや毛穴の開きの量が増えた場合、一度新しい物の使用を中止して、元々使っていた物に戻してみましょう。

そこで元の物に戻して、肌荒れが落ち着き、元の状態に戻ったのであれば、相性の悪い化粧品やスキンケアアイテムを使っていたことになります。

それらの物は使い続けることで肌のバリア機能を崩壊させ、敏感肌を悪化させることにも繋がります。

絶対にすぐに中止しましょう。

敏感肌は肌が汚いから起こるは嘘! : 2.肌が清潔な状態を保てていない肌が汚い人は敏感肌になる?

肌が清潔な状態を保てていない場合や過剰に清潔な肌へと意識して一日に何度も洗顔をしている場合、敏感肌になる可能性が増えてしまいます。

肌が汚い=肌が不潔というわけではありません。

もちろん全く顔を洗わない状態で数日感過ごしてしまうことは、絶対に肌を汚くする他にも肌荒れや敏感肌の原因となるので避けたいものですが過剰に一日に何度も洗顔を繰り返すことも肌への負担は大きいため良いことではないのです。

そのため適度に一日に二回程度の洗顔を毎日行うこと、洗顔後のスキンケアを必ず行うことを守っていれば誰でも綺麗な肌を保つことが可能となります。

ですので、あまり肌の汚れなどについて深く考えずに適度な状態を保つことを日頃から意識して生活していきましょう。

乾燥敏感肌はプラス10歳以上も老けてみえる?

肌トラブル体験談「春先の敏感肌のせい?試供品に要注意!」



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ