肌がピリピリする・ちくちくするは敏感肌のサイン | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!額と顎に手を当ててポーズを決める(小顔)女性 [モデル:ディアナ]

肌がピリピリする・ちくちくするは敏感肌のサイン : 1.肌がピリピリする・ちくちくするは肌のSOSサイン

洗顔後やスキンケアの後、メイク中などに突然肌がピリピリする、ちくちくするなど小さな痛みを走らせたら、それはお肌がSOSサインを出していることに繋がります。

肌がピリピリする、チクチクするという現象は立派な敏感肌になっているというサインでもあります。

「自分は敏感肌ではない」そう思っていた場合でも、ある日突然そのような痛みが顔に走ったら、それは敏感肌になっているというサインでもあるのです。

この敏感肌のサインを放置しておくと、酷い敏感肌になってしまうことや赤ら顔、腫れなどのトラブルが起こってしまう可能性もあります。

ですので絶対にこの肌がピリピリ、ちくちくする痛みが顔に走ったらすぐに敏感肌を改善、予防するためのケアを行いましょう。

肌がピリピリする・ちくちくするは敏感肌のサイン : 2.肌がピリピリする、ちくちくする時用の敏感肌ケア

突然朝起きて洗顔をしてみると、肌がピリピリする、ちくちく痛むなどの症状が起きることがあります。

突然の痛みで誰もが驚き、この痛みの原因をなんだろうと考えるものです。

またこの痛みが敏感肌であるとわかっていた場合でもその後、どのような敏感肌ケアを行えば良いのか、またメイクなどはいつも通り行っても良いのかなどわからなくなってしまいます。

このように突然肌に痛みを感じた場合は、その後の敏感肌ケアとして一番良いことは自分との相性の良い化粧水を使いハンドオフをすること、また自分との相性が良い化粧水を使っても痛みが走ってしまう場合はストレスや疲労が原因となり、敏感肌の現象が起きている可能性があります。

そのような場合は、少し肌を休めることを意識してメイクなどはせず栄養の摂れた食事を摂ることや睡眠時間を少し多めにとるなどして、生活を送る中でリラックスできる行動を行いましょう。

そうすることでストレスが和らぎ、敏感肌も自然と治ることでしょう。

またこの時にあまり敏感肌について過剰に考えることは避けるようにしましょう。

無理に考えすぎてしまうとそのことが原因で返ってまたストレスが蓄積されて敏感肌が治りにくくなることもあります。

避けることを意識していきましょう。

乾燥敏感肌はプラス10歳以上も老けてみえる?

肌トラブル体験談「春先の敏感肌のせい?試供品に要注意!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ