日焼けでも敏感肌になる? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!a0001_017439_m

日焼けでも敏感肌になる? : 1.日焼けで過剰になる敏感肌体質の方の肌

紫外線量が多くなる春から夏の時期はもちろん秋冬なども日焼けは気になるため一年中日焼けを意識して生活をしなくてはなりません。

とはいえ夏場以外の季節はどうしても紫外線量も少ないため日焼けを意識して生活を送ることが少なくなるかと思います。

しかしその日焼けを意識しないことにより、敏感肌の方の場合はさらに自分の肌を痛めつけていることになっていることはご存知でしょうか?

そもそも日焼けは肌のバリア機能を破壊するのにとても適しているものです。

そのためできることなら絶対に避けたいものでもあります。

また紫外線に当たることで汗が大量に出てしまうことがあります。

この汗は、雑菌などが繁殖しやすいため、放置しておくことで皮膚のうるおいを保つための弱酸性の細菌を破戒してしまいます。

その結果、乾燥肌になりやすく肌のバリア機能も低下している、最悪の状態の肌を作ってしまうことになるのです。

特に敏感肌体質の方は、このような状況になりやすいため、一年中どんな時でも肌を守るためにも紫外線を避けた生活を心がけなくてはいけないのです。

日焼けでも敏感肌になる? : 2.敏感肌の方が日焼けした時

ふとした時に日焼け止めやUVケアをし忘れてしまった時、非常に肌が焼けてしまうということは誰にでもあることです。

そのような時にもし敏感肌の方が日焼けをしてしまった場合、きっと通常の方以上にヒリヒリ感や肌の激痛、赤みなどが酷くなってしまうことに違いないでしょう。

このような状況に遭遇してしまった場合は、まずは肌を冷たいタオルなどで優しく冷やしましょう。

特にフェイス部分はキンキンに冷えたタオルで冷やすのではなく、肌にも気持ちよく感じる程度の温度の冷たいタオルを使うようにしましょう。

フェイス部分は特に日焼けしやすい部分であもり、赤みがでやすい箇所でもあります。

大切に取り扱うことを意識して冷やしていきましょう。

また日焼けが酷い時は野菜などの食材からビタミン各手、カロチンなどを補充できるように栄養バランスを考えた献立を摂るように心がけていきましょう。

ほうれい線を作らないための日焼け対策

日焼けも毛穴もキレイになります!BBクリームで時短美肌の作り方



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ