肌トラブル体験談「乾燥肌でメイクノリが悪い・・・対策の秘訣はお風呂?」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!skin-problems25_01

1. そのお肌のトラブルで悩みや不安がありましたか?

わたしは乾燥肌です。

少しでも湿度が低くなったり保湿をさぼると鼻の頭の皮がはがれおちてきます。

そうなるとメイクのノリが悪いです。

普段はナチュラルメイクなのですが、そのようなときはファンデーションをいつもより厚めにぬってしまいます。

 

そこまですると、塗りムラができたりしてメイクをした意味がなくなってしまうこともしばしばあります。

また、今は乳児を子育て中なので睡眠不足保湿できないことが多々あります。

日常はほとんど素面で生活しているので、お葬式など急にメイクを必要とする予定が入ってしまうと短期間でコンディションをどこまで上げられるかということが不安になります。

 

2. そのお肌のトラブルにどのように対処しましたか?

子育て中なので睡眠時間は諦めて、とにかくお風呂の時間を長くしました。

お風呂に入っている時間だけは唯一子供と離れられる自分の時間なのでリラックスできるという内面的な効果もありますが、湯船に長時間つかって湯気で保湿ができるという外面的な効果もあることに気が付きました。

 

子供が顔などをさわってくるので化粧水乳液を使うのを控えていたのですが、湯気ならば水なので心配ないと思います。

毎日、長時間お風呂に入るわけにもいかないので、短時間でお風呂をすませなければならないときは顔に温かい濡れタオルをのせておくという方法を試しています。

 

3. そのお肌のトラブルが解決したことで気持ちや環境に変化があったら教えてください。

出産後はとにかく子供が中心で自分のことを後回しにしがちでしたが、だんだん子供が大きくなってきて自分の事にも目を向ける余裕がでてきました。

日々少しずつでも肌のコンディションに気をつけていけるような生活をしたいです。

 

また、20代のころのような中途半端な向き合い方では肌トラブルは対処しきれないということに気づいたので、これからは本気でスキンケアに向き合っていかなければならないと痛感しました。

子供がもう少し大きくなったら再就職を考えているので、そのときまでにはきちんとしたメイクができるように今から準備をしていきたいと思います。

 

4. 最後に、同じトラブルを抱える方にコメントやアドバイスをお願いします。

肌トラブルは対処してすぐに効果があらわれるわけではないので、自分にできることを無理のない範囲で継続していくことが大切だと思います。

加湿器がなくても保湿ができるテクニック

つるつるの肌が手に入る重曹スキンケアとは?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ