肌トラブル体験談「手やかかとがあかぎれで割れて激痛が・・・」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!skin-problems5_01

そのお肌のトラブルで悩みや不安がありましたか?

数年前にあかぎれに悩まされたことがありました。

冬になるとよくあらわれる症状で、かかとが切れてかゆくなりました。

あかぎれの原因は乾燥ということですが、不思議なことに、あかぎれに悩まされるようになったのは湿度の高い日本海側に引っ越してきてからだったのです。

 

あかぎれでもっとも困ったことは、痛くても水を使わないようにすることができないということです。

たとえば顔を洗ったり、食器を洗ったりなど、生活していくうえでどうしても水に触れてしまいます。

そのためあかぎれで痛いのを我慢しながら、洗いものをするしかありませんでした。

 

そのお肌のトラブルにどのように対処しましたか?

あかぎれの症状があまりにつらかったため、まず近くの皮膚科に通ってみることにしました。

ところが、塗り薬を出してもらっただけで、それだけではなかなか症状はよくなりませんでした。

そこで家族に相談してみたところ、馬の油を塗るといいとのことだったので、試しに塗ってみたところ、症状が少しずつ改善されてきました。

 

そのほかにも就寝時に靴下を履いたり、十分に加湿をしたり、マッサージで血行をよくしたりすると、あかぎれに効果があるようです。

とにかく乾燥が大敵なので、冬に暖房を入れるときでもなるべく湿度を落とさないように気をつけています。

 

そのお肌のトラブルが解決したことで気持ちや環境に変化があったら教えてください。

おかげで最近では冬にあかぎれになることは少なくなりましたが、それでもになると乾燥してしまいがちです。

これがひどくなってしまうと、再びあかぎれになってしまいそうな不安があります。

その予防策として、クリームを使うことにしました。

最近使い始めたのがベビークリームです。

赤ちゃんの肌に塗るためのものなので、肌に優しい成分でできており、大人が使っても安心です。

このクリームを使うことで乾燥肌がだいぶ改善されてきました。

 

ひょっとすると、冬場に暖房を入れることが、乾燥肌の原因になっているのかもしれません。

またストレスなども関係しているのかもしれません。

乾燥肌は、健康が崩れていることへのサインなのでしょう。

とにかく、肌を乾燥にさらさないよう、これからも気をつけていきたいと思います。

そばかすの増加を食い止める

乾燥肌の味方、リキッドチーク



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ