ピリピリ痛む肌の赤みの原因は炎症 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!a0002_009239_m

ピリピリ痛む肌の赤みの原因は炎症 : 1.ピリピリ痛む肌の原因は?

乾燥肌が悪化してしまい結果的に敏感肌になってしまった場合、かゆみや痛みが同時に現れることがあります。

また洗顔時や化粧水を塗った時などにもピリピリと肌全体に痛みが現れ、ケアをすることも苦痛に感じてしまうことがあるでしょう。

これらの症状が現れる原因は最初にも記載した通り、乾燥肌が悪化したことで起こる症状です。

痛みが酷くなっている時は、敏感肌になっている可能性もあるため、肌の角質層が破壊されボロボロになり、表皮も薄くなり、外的要因からも内的要因からも刺激を受けやすい肌の状況となっていることに違いないでしょう。

また敏感肌となっているため、少しの痛みなどにも反応してしまい、結果的に健康な肌の状態から程遠い肌の状態となってしまうため、最悪日常生活を過ごすことも辛く感じてしまうことがあります。

そしてこれらの症状が更に悪化する原因として、アレルギーが起こりやすいハウスダスト、花粉、紫外線などの刺激の強いダメージがあります。

このようなものは誰でも日常生活を送る中で受けてしまうものであるため、避けて生活をしているつもりでも目に見えない場所で刺激を受け敏感肌を悪化させてしまっている可能性があるのです。

ピリピリと痛む肌は、このような原因が重なりあい、酷くなってしまっているといえるでしょう。

ピリピリ痛む肌の赤みの原因は炎症 : 2.ピリピリ肌が赤み顔を作る

多くの刺激が重なりあい、結果的に酷く悪化してしまったピリピリと痛む肌は乾燥が悪化し、敏感肌も酷くなり、皮膚が薄くなり結果的に赤み顔になりやすくなる肌へと変わってしまうことに違いないでしょう。

こうなってしまった場合、メイクをすることも辛くなり、私生活にも大きな影響を及ぼし結果的に治療も困難な状態となることに違いないでしょう。

そうなってしまう前に肌の乾燥を感じたらすぐに保湿をする癖をつけることと治療やケアを頻繁に行う癖をつけておきましょう。

ピリピリ肌が痛む状況は最悪の状態になる直前のサインでもあります。

そのようなサインが現れたら確実に肌はSOS求めていることに違いありません。

保湿をしましょう。

敏感肌と抗炎症成分の関係

肌が弱い、敏感肌だと思う方必須のスキンケア



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ